感動でつながる公演クチコミサイト

舞台「城下町のダンデライオン」

公演期間 2016年8月9日~2016年8月14日
会場 CBGKシブゲキ!!(東京都)
出演 櫻田茜: 菅沼もにか / 櫻田葵: 藤岡沙也香 / 櫻田修: 南千紗登 / 櫻田奏: 柴小聖 / 櫻田遥: 松岡里英 / 櫻田岬: 横川ユカ / 櫻田光: coming soon / 櫻田輝: 大木悠希也 / 櫻田栞: 原凛花 / 櫻田五月: 藍川ゆとり / 米澤紗千子: 野口真緒 / 佐藤花(Wキャスト): 奥田佳弥子(A)、桜井理衣(B) / 山本一彩(Wキャスト): 安達優菜(A)、藤井麻衣(B) / テレビアナウンサー: 稲松遥 / アンサンブル: HIROKA、坪井未来、長田彩花、俵頭ちさき、大塚琴子
スタッフ 脚本: 保木本佳子 / 演出: 中井ゆりこ
ウェブサイト http://dandelion-stage.com/
カンフェティでチケット情報を確認!

最新投稿

あなたのクチコミをお待ちしています。クチコミを書く
  • penpen

    (カリスマユーザー)

    遅ればせながら感想を。


    全体的には光とさっちゃんの成長ストーリーに焦点を当てた展開でしたが、
    2人それぞれが自分の夢にかける想い、その責任感、
    お互いの立場で必死にもがく苦悩、その感情表現がとても印象的。
    最前列で見ていたら、さっちゃんの目から本当に涙がこぼれるのが見えたし、
    当たり前だけど本当に全力で役に成りきっている。
    そんな事を実感する2人でした。

    そんな光を見守る葵さんは、
    原作通りのおっとりした大人の魅力をとても上手に表現してて素敵でした。
    そして全体的に感じたのはとてもテンポが良いなということ。
    カブリエルさんの「櫻田ファミリーニュース」が良いアクセントになっていて
    場面転換でも流れを途切れさせずに工夫されてるなと。

    個人的には、桜井理衣さんが念願の2.5次元舞台に出るとの事で
    興味があって見に行ったのですが、
    桜井さんが演じる事になった花ちゃんは、
    原作では驚くほどにとてもピュアでちょっぴり天然で。
    あの可愛らしいキャラをどのように自分のものにするのか。
    いくら元の素材が可愛いからとはいえ、
    お芝居にはとても真面目で真剣な人だから、
    相当悩んで試行錯誤したんだろうなと想像しながら、
    その完成形を楽しみに見に行きました。

    オープニングの登場では修君の旗を持ってさりげなく通り過ぎる。
    そのストーカー的登場からもう純真さが溢れててて可愛かった。
    物陰からそっと修くんを見つめる恋する乙女のはにかんだ表情。
    その感情表現、キラキラした目、揺れるツインテール。
    そっと後をつけた理由を問い詰められて、
    好きの「す」がかすれたドキドキの告白は迫真の演技。
    アニメからそのまま出てきたような完成度の高い花ちゃんでした。

    そのせいか、本編でのストーリーである国民投票とは別に、
    観客の投票で決める人気投票でも毎日必ず上位にランクインしていたし、
    最終日には念願の第1位!
    舞台のベテラン先輩達が数多くいる中でこの快挙は本当に凄いと感じました。
    本編では残念ながら王妃としては登場しなかったけど、
    人気投票の発表名は「櫻田 花」とすでにもう王妃扱い(笑)

    舞台後半ではまるで家族のように自然と櫻田家の輪に入り振る舞う姿。
    そしてカーテンコールでもそっと隣に来て寄り添う姿。
    恋する仲良き場面をしっかり演じててくれて楽しかった。

    しかし楽しみにしてた花ちゃんの変身シーンがカットされていたので、
    もし再演する際にはぜひ変身シーンもよろしくお願いしますw
    2016年10月24日 00:24 | いいね:7件 コメント:0

    コメントするには、会員ログイン(登録)が必要です。[ログインする]
  • peckyun

    (見習いユーザー)

    Bチーム観劇


    原作のストーリーをそのまま2時間の舞台に詰め込もうとすると、
    どうしても駆け足のストーリー展開になりがち。
    その為、あるエピソードに焦点を絞って
    内容を組み立ててくれたのはとても良かったと感じた。
    原作の好きな場面がカットされてしまったのはいささか残念ではあるが、
    それはそれで仕方がないかなと。

    そうしてカットされてしまった中でも、
    奏さんは忠実に自分の役を再現してて印象に残った。
    あれは残念ながら原作を知らないと全く意味が分からないが、
    知っている立場での感想としては、
    とても素晴らしい表現だったと思う。
    修への負い目から来るあのいじらしく強気な態度がむしろ可愛かった。

    他には葵さんの大人らしい落ち着いた魅力と、
    花さんのピュアで純真な魅力がとても良かった。
    2016年8月15日 00:05 | いいね:4件 コメント:0

    コメントするには、会員ログイン(登録)が必要です。[ログインする]
  • penpen

    (カリスマユーザー)

    可愛いアニメの舞台化に期待♪


    原作アニメのキャラはどれもとっても可愛らしく、
    また瞬間移動など特殊能力の持ち主。

    それを舞台化でどのように表現するのか。
    気になるあのキャラは誰がどのように演じるのか。
    とても気になる舞台ですね。

    なお観客が実際にお気に入りのキャラに投票し、
    その結果でラストの主役が変わるマルチエンディングとのことで、
    なかなか面白い試みですね。
    2016年8月12日 18:48 | いいね:4件 コメント:0

    コメントするには、会員ログイン(登録)が必要です。[ログインする]

同じカテゴリ(舞台・演劇/演劇)の公演情報

アダムス・ファミリー
舞台・演劇

2017年10月28日~2017年11月12日
KAAT神奈川芸術劇場



舞台『野畑の飼ってた宇宙人』
舞台・演劇

2017年10月25日~2017年10月29日
シアターグリーン BIG TREE THEATER


関数ドミノ【北九州公演】
舞台・演劇

2017年10月21日~2017年10月22日
北九州芸術劇場 中劇場




くれなずめ【東京公演】
舞台・演劇

2017年10月19日~2017年10月29日
下北沢 駅前劇場



「散歩する侵略者」【東京公演】
舞台・演劇

2017年10月27日~2017年11月19日
シアタートラム




『パンクドランカー』
舞台・演劇

2017年10月20日~2017年10月28日
ラゾーナ川崎プラザソル



『パレスチナ、イヤーゼロ』
舞台・演劇

2017年10月27日~2017年10月29日
あうるすぽっと




アジアシリーズ vol.4 中国特集 『とうりてん』
舞台・演劇

2017年11月10日~2017年11月11日
あうるすぽっと


舞台「THE FACTORY」
舞台・演劇

2017年10月25日~2017年10月29日
中目黒キンケロシアター