感動でつながる公演クチコミサイト


ラ・バヤデール -幻の国のクチコミ一覧

5.0 1件

あなたのクチコミをお待ちしています。クチコミを書く
クチコミ 1[ 1 件目 ]
  • dar28

    (かけだしユーザー)

    抽象と具象の間の世界


    入場時に渡された相関図を開演前に読めたことで、
    内容がすっと入ってきた。

    役者の「声」は言葉として伝わり、
    踊り手の「声」は身体からにじみ出ていた。

    言葉で理解すべきところは役者が、
    心で感じるべきところは踊り手がしっかり担って表現しており、
    抽象的すぎず、具象的すぎず、とても見やすかった。

    踊りは、剛と柔、どちらの意味でも美しかった。
    本作品の原作はバレエ作品だが、ポワントを履かないため、
    動きのバリエーションが圧倒的に多く、見応えがあった。
    衣裳や装置も美しかった。
    ラストは全員死んでしまうので、
    ハッピーエンドにはならない。

    行きようのない切なさは感じたが、
    温故知新、瞬間の儚さがもろく、また美しかった。

    カーテンコールまで拍手が起きず、
    客席全体が作品に見入っているようだった。

    本当に素晴らしい作品だった。
    2016年7月3日 16:57 | いいね:5件 コメント:0

    コメントするには、会員ログイン(登録)が必要です。[ログインする]